声楽教室・発声練習2

発声練習2

舌根の力を抜くことを覚えたら、いよいよ本格的な練習に入ります。

次に練習する方法は、声帯を動かしている筋肉を鍛える方法です。人の声帯はいろいろな筋肉でコントロールされているのですが、普段はそのうちのほとんどの筋肉が動いていません。ですから、初心者の方はそれらの筋肉を動かす以前に筋肉の存在すら信じられず、「練習の意味が全くわからない→練習やーめた」と、なりがちです。しかし次の練習を続けていると、必ず動くようになります。心配せずにコツコツ練習しましょう。

では、誤って舌根に力が入ってしまわないように、舌根から遠い上側の筋肉の使い方から紹介します。

アンザッツ小

1の筋肉を動かす練習

口蓋垂(のどちんこ)をならす

軟口蓋から上に向かって空気を吐きます。いびきのような音がなれば成功です。 空気でのどちんこを震わせることに成功すると、次はその空気のまま音を出してみましょう。比較的高めの音のほうが簡単です。男性の場合は裏声のほうがいいでしょう。

のどちんこ

黒の矢印に沿うような空気でのどちんこをならすと、赤の矢印のように、後頭部よりさらに後ろが上に向かって動く感じがします。コツは後頭部やつむじなど体の中を動かそうとするよりも、自分の体の外側を動かそうとすることです。そうすることで、より早く筋肉が動く感覚をつかめるはずです。

2の筋肉を動かす練習

つむじの上に向かって空気を吸う

のどちんこを震わせることに成功したら、次はつむじのさらに上にむかって鼻で空気を吸い込みます。先ほどよりさらに高い場所に吸うことがポイントです。このとき頭のてっぺんが上に引きあがった感覚があれば成功です。次は今吸い込んだ部分に向かってンーといいながら軽く音を当てそのンから軽くンガァとさらに頭のてっぺんを上に引き上げるように声を当てます。

つむじ

自分の頭よりもさらに上の場所がひきあがる感覚が育つまで練習しましょう

これら上側の筋肉を使った発声練習では、いわゆるノド声にはなりにくいので、最初はこの練習から始めるのがいいでしょう。

3の筋肉を動かす練習

眉間の間に意識を集中しそこから光線を飛ばすようにイの音を出してみましょう。眉間を通って音が前に飛ぶような感じられれば成功です。

みけん